ブルーライトカットメガネについて詳しく解説しています。
最新おすすめアイクリームランキング30選 | 効果・価格・口コミ比較

ブルーライトカットは
どこのメーカーがオススメ?

仕事やプライベートでスマートフォンやPCを頻繁に使う方には目元の老化の原因となるブルーライトをカットできるメガネの使用がおすすめです。

おすすめブルーライトカットメガネ① JINS「JINS SCREEN」

おすすめブルーライトカットメガネ① JINS「JINS SCREEN」 出典:JINS

JINSの「JINS SCREEN」は累計売上700万本を突破した大人気のPCメガネです。 こちらはシーンに合わせてブルーライトカット率が選べる商品展開になっています。 普段遣いにおすすめなクリアーレンズメガネはブルーライトカット率25%、長時間の作業で重宝するブラウンがかったレンズのメガネはブルーライトカット率40%、さらにお子様向けとしてブルーライトカット率25%のメガネも用意。

大人用がそれぞれ5,000円(税抜)、子供用が3,000円(税抜)と手の届きやすい価格帯であることも嬉しいポイントです。 「JINS SCREEN 25%CUT」/「40%CUT」 各5,000円(本体価格) 「JINS SCREEN 25%CUT KIDS」  3,000円(本体価格)

おすすめブルーライトカットメガネ② Zoff「Zoff PC」

おすすめブルーライトカットメガネ② Zoff「Zoff PC」 出典:Zoff

Zoff「Zoff PC」はクリアーレンズながら業界最高基準であるブルーライトカット率約50%を誇るPCメガネです。 フレームとレンズがセットになったパッケージタイプはデザイン展開全12種類とバリエーション豊かで本体価格5,000円。

フレームとレンズを自由に選ぶフレームセレクトタイプはフレーム料金+度なしレンズ3,000円(本体価格)か、フレーム料金+度ありレンズ3,000円(本体価格)〜のいずれかからお選びいただけます。

アイプリンがおすすめ
ページのトップへ